漢那憲和(読み)かんな けんわ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

漢那憲和 かんな-けんわ

1877-1950 大正-昭和時代の軍人,政治家。
尚泰王30年9月6日生まれ。沖縄中学在学中,校長排斥ストを伊波普猷(いは-ふゆう)らと指導。海軍にはいり,軍令部参謀,海軍大学校教官などをへて,大正10年御召艦香取の艦長として皇太子(昭和天皇)のヨーロッパ巡行に随伴。少将で退役し,昭和3年衆議院議員(当選5回,日本進歩党)。昭和25年7月29日死去。72歳。琉球出身。海軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android