随伴(読み)ずいはん

精選版 日本国語大辞典「随伴」の解説

ずい‐はん【随伴】

〘名〙 (「ずいばん」とも)
① ともなうこと。供となってついて行くこと。供をすること。つれだつこと。また、いっしょに持っていくこと。
※玩鴎先生詠物百首(1783)茶鐐担子「行厨煙霞、却譲芬芳常貯茶」
② ある物事に伴って、他の物事が生じること。
※笑(1922)〈寺田寅彦〉「手を其儘の位置に保たうといふ意識に随伴して一種の緊張した感じが起ると同時に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android