コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬ノ本高原 せノもとこうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬ノ本高原
せノもとこうげん

熊本県北東部,九重火山群と阿蘇外輪山北部の間に広がる高原。南小国町に属する。標高 910m。南に雄大な阿蘇五岳を望む景勝地。別府阿蘇道路 (やまなみハイウェー) の中継地で,レストハウスドライブイン,温泉などの観光施設が多く,西方に黒川温泉がある。一帯は阿蘇くじゅう国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬ノ本高原
せのもとこうげん

熊本県北東部にある高原。「瀬の本高原」とも記す。阿蘇(あそ)外輪山北東端から、九重(くじゅう)火山群の猟師(りょうし)岳(1423メートル)の南麓(なんろく)にかけて広がる。標高600~1000メートル。南小国(みなみおぐに)町と産山(うぶやま)村に属する。江戸時代から入会(いりあい)地で、毎年の火入れの繰り返しにより、ススキ、ササ、シダ類などの繁茂する独特の人為的な植生景観がつくりだされてきた。現在では草地改良事業の成果としての広大な改良牧野のほかに、高原の冷涼な気候を生かした高冷地野菜畑が増えつつある。しかし、この高原の名を世間に高めさせたのは、1964年(昭和39)の九州横断道路、通称「やまなみハイウェイ」の開通である。付近には参勤交代道の松並木もある。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の瀬ノ本高原の言及

【南小国[町]】より

…また〈小国杉〉として知られる杉の良材を産し,製材所が多い。九重連山西麓の瀬ノ本高原には九州横断道路(やまなみハイウェー)が通じ,宿泊施設,キャンプ場が整備されている。黒川温泉満願寺温泉,田ノ原温泉は南小国温泉郷と総称され,国民温泉に指定されている。…

※「瀬ノ本高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

瀬ノ本高原の関連キーワード阿蘇瀬ノ本高原茶屋の原キャンプ場南小国[町]黒川[温泉]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android