コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰色森林土 はいいろしんりんどgrey forest soil

岩石学辞典の解説

灰色森林土

質の落ちたチェルノゼム土壌で,草原と柏などを伴う森林ステップ地帯に発達する.顕著な灰色の層準で溶脱されているが,深い層準には炭酸塩が存在している.冬が長く夏が暑い大陸性気候の地域に発達する.様々な岩石の型の上に形成されるが,最も一般的には石灰質の岩石の上に見られる[Robinson : 1936, Gerasimov & Glazovskaya : 1965].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

灰色森林土【はいいろしんりんど】

温帯の大陸気候下の森林ステップ中間帯(下草のある落葉広葉樹林下)に分布する土壌型。暗灰色の腐植層下部に漂白された微粉でおおわれた淡灰色溶脱層があり,その下位に褐〜暗褐色の集積層,炭酸塩集積層と続く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灰色森林土
はいいろしんりんど
gray forest soil

中部ヨーロッパからユーラシアの内陸にかけて気候と植生の帯状配列がみられるなかで、冷温帯の混交林にほぼ対応分布する土壌として灰色森林土が認められる。腐植の集積した表土の直下に弱いポドゾル化作用を受けた灰色または灰褐色の下層土を有し、中程度の酸性を呈するもので、冷帯から寒帯に広がる針葉樹林下のポドゾルに移行する一方、温帯に向かって褐色森林土に変わる中間帯に位置する。したがって灰色(または灰褐色)ポドゾル性土とも名づけられる。ユーラシアでは東岸の湿潤気候地域にもみられ、高緯度側のポドゾル域と低緯度側の褐色森林土域の移行帯として、日本の北海道から東北地方にかけて山地や丘陵台地に分布している。[浅海重夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の灰色森林土の言及

【土壌型】より

…ブルニゼムはチェルノーゼムによく似た土壌であるが,溶脱作用はいっそう進んでいるため炭酸カルシウムの集積層はない。ステップのチェルノーゼム地帯と亜寒帯針葉樹林のポドゾル地帯の中間には,樹木と草本類からなる森林ステップが分布しているが,このような植生下に灰色森林土が分布している。灰色森林土の性質はチェルノーゼムとポドゾルの中間的なもので,表層は酸性反応を示すが,下層は中性~弱アルカリ性反応を呈し,粘土の移動・集積(レシベ化作用)が認められる。…

※「灰色森林土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

灰色森林土の関連キーワードモルドビア共和国プレーリー土モンゴル高原雀が丘

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android