コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炊く タク

デジタル大辞泉の解説

た・く【炊く】

[動カ五(四)]《「焚く」と同語源》
米などの穀物を煮て食べられるようにする。「かゆを―・く」「赤飯を―・く」
(西日本で)煮る。「野菜を―・く」
[可能]たける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たく【炊く】

( 動五[四] )
〔「焚く」と同源〕
米などを水と共に煮て、食べられるようにする。かしぐ。 「御飯を-・く」
(西日本で)煮る。 「大根を-・く」
[可能] たける
[表記] たく(炊・焚・ 炷 ・薫
「炊く」は“米などを煮て食べられるようにする”の意。「ごはんを炊く」  「焚く」は“燃やす”の意。「落ち葉を焚く」「風呂を焚く」「護摩ごまを焚く」「石炭を焚いて走る」  「炷く・薫く」は“火をつけて香こうをくゆらす”の意。「香を炷く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

炊くの関連キーワード臘八粥・臈八粥・﨟八粥炊き込む・炊込む民の竈・民の竃ジャポニカ米もち麦ごはん電気炊飯器混ぜ合せる上平梅径飯盒炊爨御飯炊き炊き御強たける民の竈香り米霜月粥炊込む炊き屋追炊き小豆飯五目飯

炊くの関連情報