コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焚く タク

デジタル大辞泉の解説

た・く【×焚く】

[動カ五(四)]
燃料を燃やす。また、火にくべて燃やす。「石炭を―・く」「落ち葉を―・く」
火を燃やして湯をわかす。「風呂を―・く」
(「炷く」「薫く」とも書く)火をつけて香をくゆらす。「線香を―・く」
写真撮影でストロボを発光させる。「フラッシュを―・く」
[可能]たける
[下接句]霧不断の香を焚く豆を煮るに萁(まめがら)をたく林間に酒を煖(あたた)めて紅葉(こうよう)を焼(た)く藁(わら)を焚く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たく【焚く】

( 動五[四] )
火を燃やす。 「かがり火を-・く」 「火を-・く」
(ある物を)燃料として火を燃やす。 「蒸気機関車は石炭を-・いて走る」 「葦火-・く屋の煤してあれど/万葉集 2651
火を燃やすことによってある事を実現させる。 「風呂を-・く」 「護摩を-・く」
香を燃やしてくゆらす。 「香を-・く」
写真撮影で、ストロボなどを発光させる。 「フラッシュを-・く」
[可能] たける

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

焚くの関連キーワード吉川 則比古刀禰・刀祢井手 則雄蚊遣り木百八炬火御火焼きストロボ玄圃梨御火焚珍しい美濃焼火渡りすくも蚊遣り阿含宗焚き火空焚き焚き物雪折れ火の気

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焚くの関連情報