コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭素族元素 たんそぞくげんそcarbon group element

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭素族元素
たんそぞくげんそ
carbon group element

周期表 14族元素である炭素ケイ素ゲルマニウムスズの5元素の総称。このうち単体として金属に特有の結晶格子を示すのは鉛だけで,他の4元素の単体は共有結合の色彩の濃い結晶格子をもつ。炭素,ケイ素の高い沸点,高い硬度 (特にダイヤモンド) はダイヤモンド型の原子格子に由来する。酸化数は5元素とも4であるが,スズ,鉛は2をも示し,鉛では2のほうが安定である。ゲルマニウム,スズ,鉛は両性的な化学的性質を示す。これらの金属は,他の各種金属と合金をつくりやすい。半金属であるケイ素,ゲルマニウムは電気伝導度が絶対零度では0に近いが,高温では大きくなり,代表的な半導体として重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炭素族元素
たんそぞくげんそ
carbon family element

周期表第14族に属する元素、すなわち炭素、ケイ素、ゲルマニウム、スズ、鉛の5元素の総称。これらのうちスズ、鉛(これにゲルマニウムを加えることもある)をまとめてスズ族元素ということもある。ケイ素は地殻中に酸素に次いで多量に存在する元素であるし、炭素も地殻中および生物体に広く分布している元素である。スズ、鉛もかなり広く分布していて古くから知られており、ゲルマニウムは存在量も少なく、希元素であるが、半導体材料として大量に取り出されている。
 炭素は典型的な非金属元素であるが、周期表中、上から下へ行くにしたがって金属性を増し、鉛およびβ(ベータ)スズは金属、ケイ素、ゲルマニウム、α(アルファ)スズは中間の性質を示す。原子価はいずれも+4価および+2価をとるが、原子番号増大とともに+2価のほうが安定になる。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

炭素族元素の関連キーワード珪素・硅素・ケイ素ケイ素(珪素)ケイ(珪)素窒素族元素珪素

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android