コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭酸塩‐水同位体温度目盛 carbonate-water isotopic temperature scale

法則の辞典の解説

炭酸塩‐水同位体温度目盛【carbonate-water isotopic temperature scale】

酸素同位体のデルタ値(δ18O)を測定して,化石や石灰岩,ドロマイトなどの生成当時の水温を推定するための尺度.次のような式で示される.

t(℃)=16.5-4.3(δ-A)+0.14(δ-A2

δ は炭酸塩の δ(18O)(‰),A は生成当時の水の δ(18O)(‰)である.A が不明でも,ほぼ一定であることさえ判明していれば相対的な温度差を求めることができる.珊瑚礁石灰岩などは生物圏二酸化炭素影響があるため,また海岸に近いものは陸水の影響があるためこのままでは適用できない.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

炭酸塩‐水同位体温度目盛の関連キーワード酸素同位体温度計酸素原子量重水酸素古水温地質温度計古気候指示物オキシゲナーゼ気候変化

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android