コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点眼剤 テンガンザイ

デジタル大辞泉の解説

てんがん‐ざい【点眼剤】

眼病の治療などのために、目に垂らして用いる水薬点眼薬目薬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんがんざい【点眼剤】

目薬。点眼薬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

点眼剤
てんがんざい

いわゆる目薬のこと。医薬品の溶液、懸濁液または医薬品を用時溶解もしくは懸濁して用いるもので、結膜嚢(のう)に適用する無菌に製した製剤。点眼液と洗眼液とがある。点眼剤には必須(ひっす)条件として、(1)細菌などによって汚染されていないこと、(2)涙液とできるだけ等張であること、(3)著しく酸性またはアルカリ性でないこと、(4)化学的に安定で分解しにくいこと、(5)異物を含まないこと、があげられる。点眼剤では目にしみないこともたいせつな条件である。瞳孔(どうこう)をあける散瞳剤、縮める縮瞳剤、白内障・緑内障の治療薬、ビタミン剤、抗炎症剤、抗生物質、化学療法剤、そして最近ではβ(ベータ)遮断薬の点眼剤が眼圧低下の目的で使用されている。そのほか人工涙液、コンタクトレンズ用点眼剤などがある。点眼剤の溶剤には滅菌精製水が用いられるが、このほか油性点眼剤には滅菌植物油が使用される。テトラサイクリン油性点眼液がその例である。また、コルチゾン点眼液のように懸濁剤もある。容器はほとんどがプラスチックである。微生物汚染を防ぐため、容器が目に直接触れないように点眼する必要がある。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の点眼剤の言及

【製剤】より

…いずれも速効性である。目に用いられる製剤は,点眼剤と眼軟膏剤で,角膜,粘膜に適用する。注射剤,点眼剤,眼軟膏剤はいずれも無菌的に製剤する。…

【目薬】より

…眼病の治療などに用いられる薬。目薬には点眼剤eye drops,洗眼剤eye lotion(wash),眼軟膏eye ointmentがあり,いずれも無菌製剤である。体の中でもとくに鋭敏な眼の粘膜や角膜に適用されるものであり,またこの部位は細菌感染を受けやすいため調製や保存,滅菌には十分な考慮が必要である。…

※「点眼剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

点眼剤の関連キーワード点眼麻酔参天製薬点眼水収斂剤等張液救急箱外用薬散瞳剤眼病剤形製剤薬物薬剤

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android