コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為替平価 カワセヘイカ

デジタル大辞泉の解説

かわせ‐へいか〔かはせ‐〕【為替平価】

平価

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

為替平価【かわせへいか】

金本位制度下における外国為替取引の基準となる為替相場であり,一般に法定平価の形をとる。第2次大戦後は,特にIMF平価(基準為替相場)をさすことが多かったが1978年廃止された。
→関連項目平価平価切下げ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

為替平価
かわせへいか

平価」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

為替平価
かわせへいか
exchange parity

本来は2国間の通貨の交換比率のことであるが、第二次世界大戦後の国際通貨基金(IMF)制度のもとでは、IMF平価をさす場合が多い。すなわち、IMF加盟国は自国通貨の価値を金または金1オンス=35ドルの米ドルで表示した平価を設定し、為替相場をこの平価の上下各1%以内に維持することを義務づけられていた。円の平価は当初1ドル=360円であったが、1971年(昭和46)末に308円へ切り上げられた。その後、変動為替相場制へ移行してから、この概念は使用されなくなった。[土屋六郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の為替平価の言及

【平価】より

…一般に,公式に決められた通貨と金,通貨と通貨の間の交換比率を平価とよぶ。戦後IMF体制のもとでは,各国通貨は一定比率でドルと交換されるように決められていたが,この公式に決められたドルとの交換比率は為替平価またはIMF平価とよばれた。固定相場制のもとにおける各国通貨の固定為替レートがこの為替平価である。…

※「為替平価」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

為替平価の関連キーワードポンド(イギリスの通貨単位)アジャスタブル・ペッグスミソニアン合意屈伸為替相場IMF 平価

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android