コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏柄杓 カラスビシャク

大辞林 第三版の解説

からすびしゃく【烏柄杓】

サトイモ科の多年草。畑の雑草。地下の小球茎から長柄の葉を一、二個出す。葉は三小葉からなる。初夏、花茎の上端に緑色の仏炎苞ぶつえんほうにつつまれた肉穂花序をつける。球茎を漢方で半夏はんげといい、悪阻つわりや咳止めの薬とする。ヘソクリ。ハンゲ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

烏柄杓 (カラスビシャク・カラスノヒサク)

学名:Pinellia ternata
植物。サトイモ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

烏柄杓の関連キーワード肉穂花序ヘソクリ仏炎苞ハンゲ花茎長柄半夏

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android