半夏(読み)はんげ

大辞林 第三版の解説

はんげ【半夏】

〘仏〙 90日にわたる夏安居げあんごの中間、45日目の称。
カラスビシャクの別名。また、その球茎を乾燥させた生薬。鎮嘔・鎮吐薬に用いる。
「半夏生はんげしよう」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はん‐げ【半夏】

〘名〙
① 植物、烏柄杓(からすびしゃく)の漢名。漢方では、その根を乾燥させたものをもいい、嘔吐(おうと)止め、咳(せき)止め、解熱または脚気(かっけ)、腎臓炎、つわりなどに用いる。《季・夏》
※田氏家集(892頃)下・池上追涼「咫尺池頭要会、梅霖半夏竹風秋」
※言継卿記‐永祿一二年(1569)正月一日「予、〈略〉咳嗽之間、香蘇散に加半、杏仁、五味子、桑白皮、川芎等受用了」 〔礼記‐月令〕
② 「はんげしょう(半夏生)①」の略。《季・夏》
※史記抄(1477)九「相国寺の夏中打扇は半夏から始ぞ」
③ 仏語。夏安居(げあんご)の結夏(けつげ)と夏解(げげ)との中間、つまり九〇日にわたる安居の四五日目の称。
※蔭凉軒日録‐嘉吉元年(1441)五月二五日「自半夏前板登用之由被仰出」 〔臨済録〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の半夏の言及

【カラスビシャク】より

…日本全域,朝鮮,中国に広く分布する。球茎の外皮を除き乾燥したのが漢方薬として重要な半夏(はんげ)で,デンプン,粘液,精油,ステロイド,3,4ジオキシベンツアルデヒドの配糖体を含み,嘔吐をしずめ,咳止めや去痰に効果がある。急性乳腺炎に外用し,脚気,船酔いなどにも用いられた。…

【半夏生】より

…夏至から11日目で,太陽暦では7月2日ごろ。このころ〈半夏〉(カラスビシャク)という名の毒草が生えるのでこの名が生まれたという。全国的に農繁期の一応の終了期とされている。…

※「半夏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半夏の関連情報