コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無本覚心 むほん かくしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無本覚心 むほん-かくしん

1207-1298 鎌倉時代の僧。
承元(じょうげん)元年生まれ。臨済宗(りんざいしゅう)法灯(ほっとう)派の祖。東大寺で受戒し,高野山で退耕行勇(たいこう-ぎょうゆう)に師事。建長元年(1249)宋(そう)(中国)にわたり,無門慧開(えかい)の法をついで6年帰国。紀伊(きい)由良(和歌山県)西方寺(興国寺)の開山(かいさん)。亀山・後宇多両天皇の帰依(きえ)をうけた。普化(ふけ)宗の将来者ともいわれる。永仁(えいにん)6年10月13日死去。92歳。信濃(しなの)(長野県)出身。房号は心地房。諡号(しごう)は法灯円明国師

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無本覚心
むほんかくしん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

無本覚心の関連キーワード真観(1)嫩桂正栄天祐思順恭翁運良東海竺源高山慈照規庵祖円孤峰覚明慈雲妙意無住思賢鎌倉時代国泰寺普化宗無門関禅爾承元

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android