コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無水炭酸ナトリウム むすいたんさんナトリウム

大辞林 第三版の解説

むすいたんさんナトリウム【無水炭酸ナトリウム】

加熱により結晶水を失った炭酸ナトリウム。工業用粗製品は灰白色の粉末。無水炭酸ソーダ。 → ソーダ灰

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無水炭酸ナトリウム
むすいたんさんなとりうむ
anhydrous sodium carbonate

炭酸ナトリウムの無水和物Na2CO3のことであるが、工業的にはソーダ灰の名でよばれ、ソーダ工業における主要な原料物質である。現在日本ではほとんどがアンモニアソーダ法か塩安ソーダ法によって生産されているが、アメリカなどでは天然ソーダ灰の採取へ移行している。アンモニアソーダ法や塩安ソーダ法において、粗炭酸水素ナトリウムを(かしょう)して得られるソーダ灰は、見かけの比重(約0.7)が小さく、飛散しやすいので、軽質ソーダ灰(軽灰(けいばい))といわれる。これを一度加水してから再度焼したものは、見かけの比重が1.1程度で飛散しにくく、重質ソーダ灰(重灰)といわれる。用途によって使い分けされる。板ガラスおよびガラス製品の製造原料、鉄鋼の脱硫用などが主要な用途であるが、そのほか工業薬品、医薬・農薬、紙・パルプ、食品などの製造にも広く用いられる。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

無水炭酸ナトリウムの関連キーワード炭酸水素ナトリウムアンモニアソーダ法無水炭酸ソーダマファルゾール工業薬品工業塩安ソーダ法アンモニアソーダ工業焼成リン肥ルブラン法ソーダ灰吹管分析水ガラス標準液亜鉛華石鹸

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android