コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無為信 むいしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無為信 むいしん

1186-1264 鎌倉時代の僧。
文治(ぶんじ)2年生まれ。浄土真宗親鸞(しんらん)の直弟子二十四輩のひとり。親鸞が常陸(ひたち)(茨城県)稲田にいたときに弟子となった。奥州に布教し,仙台称念寺や会津(あいづ)無為信寺(のち新潟県に再興)などを創建した。文永元年10月23日死去。79歳。陸奥(むつ)河沼郡(福島県)出身。俗名武田信勝

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

無為信の関連キーワード水原(新潟県)鎌倉時代文治

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android