無知蒙昧(読み)むちもうまい

四字熟語を知る辞典「無知蒙昧」の解説

無知蒙昧

知識がなく、物事道理を知らないこと。

[活用] ―な・―の・―だ。

[使用例] その方どもの罪業は無知蒙昧のしからしめた所じゃによって[芥川龍之介邪宗門|1918]

[使用例] 先生のキノコ学については誰からも評判をきいたこともないし、第一この学問に無知蒙昧なる私に先生の実力を測る力はない[加賀乙彦*くさびら譚|1968]

[解説] 「蒙昧」の「蒙」も「昧」も道理にくらいこと。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「無知蒙昧」の解説

むち‐もうまい【無知×蒙昧】

[名・形動]学問がなく、物事の道理を知らないこと。また、そのさま。「無知蒙昧な大衆」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android