コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無脳症(読み)むのうしょう(英語表記)anencephalia

家庭医学館の解説

むのうしょう【無脳症 Anencephaly】

[どんな病気か]
 脳や脊髄(せきずい)は、胎児(たいじ)の神経管から形成されます。無脳症は、受精(じゅせい)後24日ごろに神経管の正常な発達が障害されておこる疾患と考えられています。
 大脳(だいのう)のほか、生命の維持に重要な役割をはたす脳幹(のうかん)の形成も障害されます。
[原因]
 原因は不明です。しかし、発生頻度に人種差があり遺伝的な背景が関与すると考えられています。
[症状]
 頭で、帽子をかぶる部分に相当する頭蓋骨(ずがいこつ)やこれをおおう皮膚が欠損(けっそん)し、ここから、変性した脳の一部が露出しています。妊娠4か月以降になれば、胎児の超音波診断で出生前診断が可能です。
 75%は死産、残る赤ちゃんも生後数日以上、生存することはまれです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無脳症の関連情報