伏線(読み)フクセン

デジタル大辞泉の解説

ふく‐せん【伏線】

小説や戯曲などで、のちの展開に備えてそれに関連した事柄を前のほうでほのめかしておくこと。また、その事柄。「主人公の行動に伏線を敷く」
あとのことがうまくゆくように、前もってそれとなく用意しておくこと。また、そのもの。「断られたときのために伏線を張る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくせん【伏線】

小説・戯曲などで、のちの展開に必要な事柄をそれとなく呈示しておくこと。また、その事柄。 「 -を張る」
のちの物事の準備として、前もってひそかに設けておくこと。また、その事柄。 「 -を敷く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふく‐せん【伏線】

〘名〙
① 文章技法の一つ。小説、戯曲などで、後に述べる事柄の準備のために、関連した事柄を前の方でほのめかしておくこと。また、そのもの。
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)九「所云(いはゆる)伏線は、後に必出すべき趣向あるを、数回以前に、些(ちょと)墨打(すみうち)をして置く事也」
② 後の事に備えて、予め設けておくこと。また、そのもの。
福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉一身一家経済の由来「若しも否めばお前さんはドウだと暴れて遣らうと云ふ強身の(フクセン)がある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伏線の関連情報