コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三部経 さんぶきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三部経
さんぶきょう

仏教の各分野における重要な経典3種を一括して呼ぶ名称。 (1) 浄土三部経 (『無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』) 。 (2) 大日三部経 (『三部秘経』ともいう。『大日経』『金剛頂経』『蘇悉地経』) 。 (3) 法華三部経 (『無量義経』『法華経』『観普賢菩薩行法経』) 。 (4) 弥勒三部経 (『観弥勒菩薩上生兜率天経』『弥勒下生経』『弥勒大成仏経』) 。 (5) 鎮護国家三部経 (『法華経』『仁王般若経』『金光明経』) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんぶ‐きょう〔‐キヤウ〕【三部経】

それぞれの立場で最も尊重する経典三部を選んだもの。浄土三部経は、無量寿経・観無量寿経・阿弥陀経。法華三部経は、無量義経・法華経・観普賢経。大日三部経は、大日経・金剛頂経・蘇悉地(そしつじ)経。弥勒(みろく)三部経は、上生経・下生経・成仏経。鎮護国家の三部経は、法華経・仁王般若経・金光明最勝王経

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぶきょう【三部経】

相互に密接な関係をもつとされる三つの経典。法華三部経(法華経・無量義経・観普賢経)、大日三部経(大日経・金剛頂経・蘇悉地経)、浄土三部経(無量寿経・観無量寿経・阿弥陀経)、鎮護国家三部経(法華経・仁王経・金光明経)、弥勒三部経(仏説観弥勒菩薩上生兜率天経・仏説弥勒下生経・仏説弥勒大成仏経)など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三部経
さんぶきょう

仏教において同じ教えを説く三部の経典。中国以降の仏教では、多数の経典のなかから同じ教えを説く三部の経典をとくに選定し重視した。たとえば、浄土三部経、あるいは弥陀(みだ)の三部(『無量寿経(むりょうじゅきょう)』『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』『阿弥陀経(あみだきょう)』)、法華(ほっけ)の三部(『無量義経(むりょうぎきょう)』『法華経(ほけきょう)』『普賢観経(ふげんかんぎょう)』)、大日(だいにち)の三部、あるいは真言(しんごん)の三部、秘密の三部(『大日経』『金剛頂経(こんごうちょうぎょう)』『蘇悉地(そしつじ)経』)、鎮護国家の三部(『法華経』『仁王経(にんのうきょう)』『金光明経(こんこうみょうきょう)』)、弥勒(みろく)の三部(『上生(じょうしょう)経』『下生(げしょう)経』『成仏(じょうぶつ)経』)などである。古くは『隋天台智者(ずいてんだいちしゃ)大師別伝』に法華の三部が記されているが、法然著『選択本願(せんちゃくほんがん)念仏集』に浄土三部経がまとめて出されている。[柴田 泰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三部経の関連キーワード選択本願念仏集真言三部経融通念仏宗大無量寿経藤田宏達浄土真宗顕彰隠密孝道教団庭野日敬平家納経三帖和讃出世本懐仁王会正信偈浄土教光明寺仁王経真身観浄土宗弥勒経

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三部経の関連情報