然れども(読み)サレドモ

デジタル大辞泉の解説

されど‐も【然れども】

[接]されど」に同じ。
「官位俸禄皆身にあまるばかりなり。―人の心のならひなればなほ飽き足らで」〈平家・一〉

しかれ‐ども【然れども】

[接]そうだけれども。しかしながら。「頂上直下まで迫る。然れども力及ばず撤退

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

されども【然れども】

( 接続 )
されど(然)」に同じ。 「玉ならずともありけむをと人言はむや。-、死し子、顔よかりき、といふやうもあり/土左」

しかれども【然れども】

( 接続 )
〔動詞「しかり」の已然形「しかれ」に、接続助詞「ども」の付いた語。古くは漢文訓読に多く用いられた〕
そうではあるけれども。しかしながら。 「我国の智識に於ける竟に彼の敵にあらざるべきか。-これ皮相の見のみ/真善美日本人 雪嶺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

然れどもの関連情報