コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然し/併し シカシ

デジタル大辞泉の解説

しか‐し【然し/併し】

[接]《「しかしながら」の略かという》
今まで述べてきた事柄を受けて、それと相反することを述べるときに用いる。そうではあるが。けれども。「こんなことは言いたくない。―立場上言わなければならない」
今まで述べてきた事柄を受けて、話題を転じるときに用いる。それはともかく。それはそれとして。「よく思い切って会社をやめたね。―これからどうするつもりなの」
感情をこめて言いはじめるときに用いる。それにして。なんとまあ。「―よくこんなりっぱなを建てたものだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

然し/併しの関連キーワード辭・事・似・侍・児・兒・地・字・寺・峙・怩・恃・慈・持・時・次・治・滋・爾・璽・痔・磁・示・耳・自・辞・餌フランス革命/人および市民の権利宣言(人権宣言)全・前・善・喘・漸・然・禅・禪・繕・膳・髯引き合い・引合い独禁法域外適用義理を欠く務め・勤め勝間田の池古田織部疾く疾くさしたる然しもの中江丑吉然しただにも引合い然しもケニア然して臥竜窟

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android