尤も(読み)モットモ

デジタル大辞泉の解説

もっとも【×尤も】

[名・形動]道理にかなっていること。なるほどその通りだと思われること。また、そのさま。当然。「尤もな言い分」「いやがるのも尤もなことだ」
[接]前の事柄を肯定しつつ、例外あるいは一部相反する内容を補足するときに用いる。とはいうものの。なるほどそうだが。ただし。「旅行にはみんな参加する。尤も行かない人も二、三いるが」
[副]
いかにもなるほどと思われるさま。本当に。まったく。当然。
「事すでに重畳せり。罪科―逃れがたし」〈平家・一〉
(あとに打消しの語を伴って)少しも。全然。
「ふっつり心残らねば―足も踏み込まじ」〈浄・天の網島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もっとも【尤も】

〔「もとも」の転〕
( 形動 ) [文] ナリ 
道理に合っているさま。当然であるさま。 「 -な意見」 「怒るのも-だ」 「 -の事を言う」 「ご無理ご-で聞き入れる」
( 副 )
当然。なるほど。いかにも。 「但し、歌道は風月延年の飾りなれば、-これを用ふべし/風姿花伝」
(打ち消しの語を伴って)少しも。全然。決して。 「ふつつり心残らねば-足も踏み込まじ/浄瑠璃・天の網島 」 → 最も
( 接続 )
前の事柄を受けながらも、それに反することをつけ加えることを表す。そうはいうものの。ただし。 「君の悪行をばらす。-僕の願いを聞けば別だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尤もの関連情報