然れど(読み)サレド

デジタル大辞泉「然れど」の解説

され‐ど【然れど】

[接]《動詞「さ(然)り」の已然形+接続助詞「ど」から》前述事柄を受けて、相反する内容であることを表す。そうではあるが。しかし。
「文三は駭然ぎょっとしてお勢の顔を目守みつめる。―此方こなた平気ていで」〈二葉亭浮雲
[類語]しかしだがところがけれどもけれどだけどだけれどもだってそれでもでもしかしながら然るに然れどももっともさりとてそれなのにそのくせ言い条かと言ってとは言えとは言うもののにもかかわらず

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android