焼ノ峠古墳(読み)やきのとうげこふん

国指定史跡ガイドの解説

やきのとうげこふん【焼ノ峠古墳】


福岡県朝倉郡筑前町四三嶋(しそじま)にある古墳。筑後平野の北西部、小高い独立丘陵の城山から北に延びる尾根上にある前方後方墳。前方部を南々東に向け、墳丘は全長約40.5m、後方部は1辺23.5m、高さ約4.5m、前方部は長さ17m、幅12m、高さ約2m、くびれ部分の幅は約8.5mで、幅約2mの濠がめぐっている。後方部は2段築成で、地山を削り出した1段目の上に土盛りして2段目とし、前方部は地山を削り出したと考えられる。古墳の主体部は、後方部中央に墓坑を確認。くびれ部東側の周濠付近から古式の土師器(はじき)が検出され、この土師器および立地などからみて古墳時代前期に属する古墳とみられる。この古墳は九州に存在する数少ない前方後方墳のうちで最大のものであり、古墳時代の推移を知るうえで欠くことのできない重要なものであることから、1975年(昭和50)に国の史跡に指定された。西日本鉄道天神大牟田線津古駅から車で約20分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android