コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煎海鼠 いりこ

1件 の用語解説(煎海鼠の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

煎海鼠【いりこ】

ナマコから作る乾製品。内臓を除き,食塩水で煮たて,乾燥したもの。古くは日本でも重要な食品であり,《令義解(りょうのぎげ)》や《延喜式》にもその名が見える。中国ではハイシェン(海参)といい,炒(いため)物,煮物,酢の物などに用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

煎海鼠の関連キーワード塩水オイルサーディン肝膾を作る海鼠壁海参荒巻サケ塩水氷乾製品内臓摘出ナマコ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone