熊ノ湯温泉(読み)くまノゆおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊ノ湯温泉
くまノゆおんせん

長野県北東部,志賀高原にある温泉。角間川の上流にのぞみ,標高 1700mの高地にある。山ノ内温泉郷の1つで,山ノ内町に属する。泉質単純泉硫黄泉泉温は 58℃。一帯はシラカバ林や高層湿原植物が多く,古くからスキー場としても有名。志賀草津道路 (国道 292号線) の開通により,観光客も多い。上信越高原国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊ノ湯温泉
くまのゆおんせん

長野県下高井郡山ノ内町にある温泉。角間(かくま)川の上流に位置し、標高1700メートル。志賀高原の観光上の一中心地。幕末松代(まつしろ)藩士が巡視の際発見し、その後クマがこの湯で傷を治していたという話から命名された。付近にはスキー場がある。泉質は硫黄泉。近くを志賀草津道路が通り、長野電鉄湯田中駅からバス約40分。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる