コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振り/風 フリ

デジタル大辞泉の解説

ふり【振り/風】

[名]
振り動かすこと。また、振れ動くこと。「バットの―が足りない」
人の振る舞い。しぐさ。また、なりふり。「人の―見てわが―直せ」
見せかけの態度や動作。ようす。ふう。「寝た―をする」
料理屋・旅館などで、紹介や予約なしに客が来ること。また、その客。「―の客」
一時的であること。臨時。
「材木屋から搾(しぼ)る―のものを…払いに当て」〈秋声縮図
舞踊で、動作・所作のこと。「―をつける」
女性用の和服の袖付け止まりから袖下までの、縫い合わせない部分。
本題に入るためのきっかけ。前置きとしてする話。「前―」
和歌の歌いぶり。和歌の風体。
「大僧正は、おほやう西行が―なり」〈後鳥羽院御口伝
10 歌曲の歌いざま。節回し。
「その様を習ひて謡ひたれば、―はその―にて似ぬにや」〈梁塵秘抄口伝・一〇〉
11 ずれていること。ゆがんでいること。
「建ては建てたが、ちっくり笠に―がある」〈浄・嫩軍記
12 金銭の都合をつけること。やりくり。
「借銀かさみ、しだいに―に詰まり」〈浮・永代蔵・六〉
13 褌(ふんどし)や腰巻をつけないこと。多く男子にいう。ふりちん。
「金吹きは―になるのがしまひなり」〈柳多留・三〉
14振袖」の略。
「友禅の―の袂(たもと)に北時雨」〈浄・歌祭文
15振袖新造」の略。
「片町の―を内へ呼び入れ」〈浄・阿波鳴渡
[接尾]助数詞。
振る動作の回数を表すのに用いる。「バットを一―二―する」
刀剣を数えるのに用いる。「二―の刀」

ぶり【振り】

[語素]
名詞、動詞の連用形に付いて、その物事の状態やようす・ありかたなどの意を表す。語調を強めるとき、「っぷり」の形になることがある。「枝振り」「仕事振り」「話し振り」「男っぷり」「飲みっぷり」
時間を表す語に付いて、再び同じ状態が現れるまでに、それだけの時間が経過した意を表す。「十年振りに日本の土を踏む」「しばらく振りに映画を見た」
数量を表す語に付いて、それに相当する分量があることを表す。「二人振りの米」「小振りの茶碗」
名詞または名詞に準じる語に付いて、曲節・調子の意を表す。「声(こわ)振り」「ますらお振り
古代歌謡、特に雅楽寮に伝わる歌曲の曲名を表す。「天田(あまだ)振り

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふり【振り】

日本舞踊の用語。本来は人のふるまい,ようすの意であり,歌曲の歌いぶり,つまり節回しや声づかいをも〈振り〉といった。舞踊では,しぐさ,所作を指す。日本舞踊は振り,舞,踊りの3要素から成り立っているが,舞が〈まわる〉を語源とする平面的旋回動作,踊りが〈躍る〉という言葉に発している上下的動作であるのに対して,振りは物まね的しぐさの,演劇的要素の強い部分を指している。歌詞に即して物まね的に演じることもあるが,その時点を超越すると扇1本,手ぬぐい1本,時には何も持たずに状況を観客の眼前にほうふつとさせることも可能で,深い奥行きをもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の振り/風の言及

【日本舞踊】より

…念仏踊(踊念仏)はそのうちの主なるものだったが,出雲のお国はこの念仏踊に〈かか踊〉〈ややこ踊〉などを交えて舞台芸術化し,かぶき踊を創始した。以後,女歌舞伎,若衆歌舞伎,野郎歌舞伎と変遷していくなかで,舞や振りという物まね的要素をとり入れて発展させた。そして女方の発生により舞踊の中心は女方に移って,元禄(1688‐1704)~享保(1716‐36)期に歌舞伎舞踊は第1次の完成をみた。…

【舞踊】より

…17世紀初頭,出雲の阿国が京都でかぶき踊を創始し,これが舞台舞踊の最初となった。以後,歌舞伎の発達にともない,歌詞を基調とし物真似の〈振り〉を重視する独特の歌舞伎舞踊が形成され,演者も女方専門から立役に広がり,振付を専門とする振付師もあらわれた。 舞踊という語は〈(まい)〉と〈踊り〉との合成語で,日本では舞は回るという旋回運動を意味し,踊(躍)りはおどり上がるという跳躍を意味し,それぞれ歴史をもつものだったが,1904年坪内逍遥が《新楽劇論》の中で用いてから一般に普及した。…

※「振り/風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

振り/風の関連キーワード袖すり合うも多生の縁家鴨の火事見舞い振り歩・振歩ダッチロール暮らし振り負けっ振り身振り狂言ばらばら髪顎振り三年ハンドベル身の振り方振出手形衣紋付き先振込み振り解く話し振り暫く振りぶりっ子瑜伽振鈴男っ振り

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android