燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや(読み)エンジャクイズクンゾコウコクノココロザシヲシランヤ

  • =何(なん)ぞ
  • =大鵬(たいほう)
  • =安(いずく)んぞ
  • =心(こころ)
  • =鴻鵠(こうこく)
  • えんじゃく
  • の=志(こころざし)
  • を知(し)らんや
  • 燕雀
  • 燕雀(えんじゃく)安(いずく)んぞ鴻鵠(こうこく)の志(こころざし)を知(し)らんや

精選版 日本国語大辞典の解説

(ツバメやスズメのような小さな鳥には、オオトリやコウノトリのような大きな鳥の志はわからないという「史記‐陳渉世家」の語句から) 小人物は大人物の大志をさとることができないということのたとえ。
※仮名草子・祇園物語(1644頃)下「わきの者わらひければ、燕雀(エンジャク)なんそ鴻鵠(コウコク)の心さしをしらんと申」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

小人物は大人物の大きな志をさとることができないというたとえ。

[使用例] 「燕雀焉んぞ大鵬の志を知らんやですね」と寒月君が恐れ入ると[夏目漱石*吾輩は猫である|1905~06]

[解説] ツバメやスズメのような小さな鳥には、オオトリやコウノトリのような大きな鳥の志はわからないという「史記―陳渉世家」の一節によることば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android