燕雀(読み)エンジャク

  • ×燕×雀

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ツバメとスズメ。また、そのような小鳥。
※菅家文草(900頃)二・元慶三年孟冬八日、大極殿成畢、王公会賀之詩「燕雀先知聖徳包、子来神化莫空抛
※史記抄(1477)一五「燕雀は人に馴れ近き者ぢゃほどに」 〔孔叢子‐論勢〕
② (陳渉が、小人物には英雄の志がわからないことを「燕雀安知鴻鵠之志哉」と嘆いたという「史記‐陳渉世家」の故事から) 狭量な人。小人物。
※凌雲集(814)高士吟〈賀陽豊年〉「寄言燕雀徒、寧知鴻鵠路
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「小ざかしき燕雀(ヱンジャク)の共囀(ともさへづ)り、汝等がしる所にあらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android