コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片桐嘉矜 かたぎり かきん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片桐嘉矜 かたぎり-かきん

?-1820 江戸時代中期-後期の暦算家。
片桐嘉保(よしやす)の子。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士天文,和算を父からまなび,その跡をついで勘定役,与力,天文師などをつとめる。文化4年(1807)幕命蝦夷(えぞ)地にわたり,翌年には,青森・津軽・宗谷緯度を調査した。文政3年死去。通称は林之助。著作に「算律国字解」「数学雑録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

片桐嘉矜の関連キーワード片桐嘉保