コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛久保 うしくぼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牛久保
うしくぼ

愛知県南東部,豊川市南部の商業地区。 1891年に町制施行し,1943年豊川市に合併伊那街道 (現国道 151号線) に沿う宿場町として発展した。「牛久保の嫁入り道具」といわれるほど現在も呉服店や家具店が多い。特にたんす製造は名高い。近年は洋風家具の生産が多い。奥三河地方や静岡県西部にまで根強い商圏をもつ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牛久保
うしくぼ

愛知県豊川(とよかわ)市南部の地区。旧牛久保町。国道151号が通じ、JR飯田線牛久保駅がある。街村状の市場町で、家具の製造・販売が特色。戦国時代、牧野古白(成時)築城の牛久保城跡、奇祭「うなごうじ祭」で名高い八幡(はちまん)神社がある。熊野神社にある「牛久保のナギ」は樹高20メートルの巨木で国の天然記念物。[伊藤郷平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

牛久保の関連キーワード愛知県豊川市下長山町豊川(市)大塚遺跡牧野康成牧野貞成松平清康牧野成定牛久保城牧野城長岡藩吉田城団地国府

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牛久保の関連情報