コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛島謹爾 うしじま きんじ

2件 の用語解説(牛島謹爾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牛島謹爾 うしじま-きんじ

1864-1926 明治-大正時代の移民。
文久4年1月6日生まれ。明治21年渡米。カリフォルニア州ストックトンの沼地をひらき,ジャガイモ大量生産に成功。「ポテト王」とよばれた。在米日本人会の初代会長として排日問題の対応にあたった。大正15年3月27日死去。63歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

うしじまきんじ【牛島謹爾】

1864‐1926(元治1‐昭和1)
アメリカ移民の大立物。福岡県久留米在の人。1888年渡米,はじめサンフランシスコアメリカ人家庭で働きながら英語を学ぶ。のちカリフォルニア州ストックトン地方の荒地を開拓して,苦闘のすえ良種のジャガイモの大量生産に成功,6万エーカーを超す大農園を起こし〈ポテト王〉とよばれた。また1908年に結成された在米日本人会の初代会長として,排日運動の緩和につとめるなど,大きな功績をあげた。【亀井 俊介】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

牛島謹爾の関連キーワード羽田桂舟広田執中ベルツ花北海道新幹線アメリカン元治山階宮アメしょん伊地知壮熊ジョセフ=ヒコ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone