コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛島謹爾 うしじま きんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牛島謹爾 うしじま-きんじ

1864-1926 明治-大正時代の移民。
文久4年1月6日生まれ。明治21年渡米。カリフォルニア州ストックトンの沼地をひらき,ジャガイモ大量生産に成功。「ポテト王」とよばれた。在米日本人会の初代会長として排日問題の対応にあたった。大正15年3月27日死去。63歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うしじまきんじ【牛島謹爾】

1864‐1926(元治1‐昭和1)
アメリカ移民の大立物。福岡県久留米在の人。1888年渡米,はじめサンフランシスコアメリカ人家庭で働きながら英語を学ぶ。のちカリフォルニア州ストックトン地方の荒地を開拓して,苦闘のすえ良種のジャガイモの大量生産に成功,6万エーカーを超す大農園を起こし〈ポテト王〉とよばれた。また1908年に結成された在米日本人会の初代会長として,排日運動の緩和につとめるなど,大きな功績をあげた。【亀井 俊介】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牛島謹爾の関連キーワード元治イギリス映画大正天皇昭和ビシケク小作争議文芸時代ペドロ[2世]ロダン池田屋惣兵衛