コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛頭栴檀 ゴズセンダン

デジタル大辞泉の解説

ごず‐せんだん〔ゴヅ‐〕【牛頭××檀】

南インドの牛頭山に産する栴檀から作った香料。麝香(じゃこう)のような芳香をもち、万病を除くという。牛頭香。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごずせんだん【牛頭栴檀】

天竺てんじくの牛頭という山に生える香木。麝香じやこうに似た香りがあるという。仏像用や薬用に用いた。牛頭香。 「妙なる-・沈水香を以て/今昔 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

牛頭栴檀 (ゴズセンダン)

植物。香木の一種

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の牛頭栴檀の言及

【ビャクダン(白檀)】より

…略して檀香とも呼ばれ,良質の香として珍重された。仏典などにもしばしば記述が見え,赤,黒,白,紫などの種類があるとされるが,中でも南インドの摩羅耶(マラヤ)Malaya山に産出するものが最上とされ,これを牛頭栴檀(ごずせんだん)という。【吉岡 司郎】。…

※「牛頭栴檀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牛頭栴檀の関連キーワード優填王・優塡王優填王思慕像沈水香植物

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android