コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬石 ヤクセキ

デジタル大辞泉の解説

やく‐せき【薬石】

《「」は「砭(いしばり)」で、古代の医療器》
いろいろの薬や治療法。「薬石効なく永眠する」
身のためになる物事のたとえ。「薬石の言」
禅寺で、非時(ひじ)の戒を守って夕食をとらなかったため、飢えや寒さをしのぐために温石(おんじゃく)として腹に当てた石。転じて、夜食の粥(かゆ)または夕食。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やくせき【薬石】

〔「石」は古代中国で治療に用いた石鍼いしばりの意〕
種々の薬剤。また、病気の治療法。 「 -効なく」
禅宗で夕食、また夕食用の粥かゆ。薬食やしつ・やくじき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の薬石の言及

【雲水】より

…臨済禅での独参は,雲水が師から公案をもらい,その所解を呈するところであり重視される。粥坐(しゆくざ)(朝食),斎坐(昼食),薬石(やくせき)(夕食)と称する食事は,行鉢(ぎようはつ)と称する禅門の食事作法で行う。入浴(開浴(かいよく))は,四九日(しくにち)(4と9の日)に行う。…

※「薬石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

薬石の関連キーワード厄・役・扼・疫・益・約・薬・藥・訳・譯・躍物部広泉(もののべこうせん)賀川玄悦物部広泉森島庫太陶弘景蒲生野禅宗五石少康瓷器薬食薬剤

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薬石の関連情報