コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬石(読み)ヤクセキ

デジタル大辞泉の解説

やく‐せき【薬石】

《「」は「砭(いしばり)」で、古代の医療器》
いろいろの薬や治療法。「薬石効なく永眠する」
身のためになる物事のたとえ。「薬石の言」
禅寺で、非時(ひじ)の戒を守って夕食をとらなかったため、飢えや寒さをしのぐために温石(おんじゃく)として腹に当てた石。転じて、夜食の粥(かゆ)または夕食。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やくせき【薬石】

〔「石」は古代中国で治療に用いた石鍼いしばりの意〕
種々の薬剤。また、病気の治療法。 「 -効なく」
禅宗で夕食、また夕食用の粥かゆ。薬食やしつ・やくじき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の薬石の言及

【雲水】より

…臨済禅での独参は,雲水が師から公案をもらい,その所解を呈するところであり重視される。粥坐(しゆくざ)(朝食),斎坐(昼食),薬石(やくせき)(夕食)と称する食事は,行鉢(ぎようはつ)と称する禅門の食事作法で行う。入浴(開浴(かいよく))は,四九日(しくにち)(4と9の日)に行う。…

※「薬石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android