コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狐狩り キツネガリ

2件 の用語解説(狐狩りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きつね‐がり【×狐狩り】

英国貴族の好む狩猟。派手な狩猟服を着た騎馬の集団が猟犬を追い立てて、狐をかみ殺させる。17世紀以降スポーツとして確立。2004年、英国下院は「狐狩り禁止法」を成立させた。フォックスハンティング

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狐狩り
きつねがり

イギリスのカントリー・スポーツで国技の一つ。古くイギリスの村落にはキツネが多棲(たせい)し、養鶏場などに被害が続出したため、秋から冬にかけて、農場主が大掛りなキツネ退治を行ったのが起源である。17世紀のチャールズ2世(在位1660~85)の時代にスポーツとして確立した。その方法は、乗馬の紳士淑女が数十頭のフォックスハウンド(狐狩り用猟犬)を駆使して追い出し、犬に追い詰められて穴へ隠れたキツネをとらえて噛(か)み殺させる。死を最初に確認した婦人にその尻尾(しっぽ)を贈る習わしがある。
 アメリカでも、イギリスの移民による同様式の狐狩りが行われたが、アメリカ産のキツネはイギリス産とは習性がやや異なるので、アメリカンフォックスハウンドという別の犬種がつくられた。キツネを狩猟獣にしている国は多いが、狐狩りとは、イギリス、アメリカのフォックス・ハンティングfox huntingのように、騎馬で犬を駆使して、穴居のキツネを手捕りにすることをいい、その他の国々のキツネの狩猟法は狐狩りとはいわない。[白井邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狐狩りの関連キーワード狩猟狩猟儀礼狩猟文狩猟期派手好き狩倉採集狩猟文化狩猟免許わな猟免許狩猟 (hunting)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狐狩りの関連情報