独任制(読み)どくにんせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独任制
どくにんせい

組織の頂点の官職の意志で行政機関の意思が決定される制度。単独制合議制に対する。責任が明確となり,決定が迅速に下される。他面では決定が恣意的になる危険がないわけではない。しかし,実際の行政法においては能率的で,責任の所在が明確で,上級官庁の指揮監督に服するのに適するので,行政機関は独任制をとるのが普通である。各省大臣外局の長,税務署長,都道府県知事市町村長などは,独任制の機関である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

どくにんせい【独任制】

行政機関などがひとりの人で構成される制度。各省大臣など。単独制。 ⇔ 合議制

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どくにん‐せい【独任制】

〘名〙 行政官庁などがひとりの者によって構成されている制度。各省大臣、都道府県知事、税務署長などの類。⇔合議制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android