コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独峰存雄 どくほう そんゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

独峰存雄 どくほう-そんゆう

?-1585 戦国-織豊時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。祥山瑞禎(しょうざん-ずいてい)の法をつぎ,相模(さがみ)(神奈川県)報恩寺をへて常陸(ひたち)(茨城県)多宝院の4代となる。領主多賀谷氏が寺院内ににげこんできた罪人を処刑したのにいかり,下野(しもつけ)長野(栃木県佐野市)にうつり,長谷寺の住持となった。天正(てんしょう)13年1月7日死去。駿河(するが)(静岡県)出身。諡号(しごう)は大光仏国禅師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

独峰存雄の関連キーワードシェークスピア四国征伐安土桃山時代(年表)Gregorius二本松義継フォンタナグレゴリウス今石動城西尾城ウィルソン

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android