コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独峰存雄 どくほう そんゆう

1件 の用語解説(独峰存雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

独峰存雄 どくほう-そんゆう

?-1585 戦国-織豊時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。祥山瑞禎(しょうざん-ずいてい)の法をつぎ,相模(さがみ)(神奈川県)報恩寺をへて常陸(ひたち)(茨城県)多宝院の4代となる。領主多賀谷氏が寺院内ににげこんできた罪人を処刑したのにいかり,下野(しもつけ)長野(栃木県佐野市)にうつり,長谷寺の住持となった。天正(てんしょう)13年1月7日死去。駿河(するが)(静岡県)出身。諡号(しごう)は大光仏国禅師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

独峰存雄の関連キーワード四国征伐二本松義継グレゴリウス今石動城西尾城太閤検地三好(市)中浦ジュリアン徳島城八幡堀

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone