独知(読み)ドクチ

デジタル大辞泉の解説

どく‐ち【独知】

自分だけが知っていること。
《conscienceの西周(にしあまね)による訳語》良心。
「其正と不正とを弁別するは衆人の―警醒の際に在ること必あり」〈西周訳・万国公法〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくち【独知】

自分だけ知っていること。
〔conscience に対する西周にしあまねの訳語〕 良心。道徳心。 「是即ち魂にして魂の運用を-とす/百学連環

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android