コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狭窄症 キョウサクショウ

デジタル大辞泉の解説

きょうさく‐しょう〔ケフサクシヤウ〕【狭×窄症】

心臓弁膜症の分類の一つ。心臓弁膜が十分に開かなくなり、心房から心室、あるいは心室から動脈(大動脈肺動脈)へ血液が送り出されにくくなる疾患。四つの弁膜(僧帽弁大動脈弁三尖弁肺動脈弁)のいずれかまたは複数に生じる。また、一つの弁膜に狭窄症と閉鎖不全症が同時に生じる場合もある。→僧帽弁狭窄症僧帽弁狭窄兼閉鎖不全症大動脈弁狭窄症大動脈弁狭窄兼閉鎖不全症

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

狭窄症の関連キーワード脊椎分離症/脊椎すべり症アルフレッド ブラロックロキタンスキーの法則通気療法のいろいろ広範脊柱管狭窄症先天性幽門狭窄症リウマチ性心臓病硬膜外内視鏡手術三尖弁閉鎖不全症頸動脈狭窄症メニエール病末梢動脈疾患脊柱管狭窄症ブロック手術脊椎管狭窄症ダウン症候群幽門狭窄症耳管開放症心臓粘液腫交連切開術

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狭窄症の関連情報