コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獣形幔 ジュウギョウマン

2件 の用語解説(獣形幔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅうぎょう‐まん〔ジウギヤウ‐〕【獣形×幔】

平安時代、即位・朝賀など大儀のとき、大極殿(のち紫宸殿(ししんでん))の前面軒下に張り渡した幕。白綾の幕の中央に金色の太陽を、左右に瑞雲・竜虎・麒麟(きりん)・獅子(しし)・天馬などを5色の糸で刺繍(ししゅう)したもの。獣形の帽額(もこう)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうぎょうまん【獣形幔】

朝賀・即位の大礼の時、使用する幕。白地の絹の中央に金色の太陽、その左右に、瑞雲・竜虎・麒麟きりん・獅子しし・天馬を五色で縫いとったもの。大極殿または紫宸ししん殿の南の簷下のきしたにかけわたす。獣形の帽額もこう

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone