コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

率いる ヒキイル

デジタル大辞泉の解説

ひき・いる〔ひきゐる〕【率いる】

[動ア上一][文][ワ上一]
従えて行く。ひきつれて行く。「学生を―・いて研究旅行に行く」
多くの人々を指揮する。長として指図する。統率する。「劇団を―・いる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひきいる【率いる】

( 動上一 ) [文] ワ上一 
〔「引き率る」の意〕
大勢の人を引き連れる。指揮をとる。統率する。 「生徒を-・いて、遠足に行く」 「チームを-・いる」 「そのわたりの家のむすめなど-・ゐて来て/枕草子 99

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

率いるの関連キーワード一生犬鳴GO! GO! イヌナキンモダン・ジャズ・カルテットYAMATO超人ナライガーフクロウ戦士トシマッハトラファルガー沖の海戦カタラウヌム平原の戦いうどん騎士テウチオン007死ぬのは奴らだエル・アラメインの戦仮面の守護者ゼロングタンネンベルクの戦いヨークタウンの戦いアジャンクールの戦ナッシュビルの戦いリーグニッツの戦いシッティングブルアブキール湾の戦クストーザの戦いヤルムークの戦いカタラウヌムの戦

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

率いるの関連情報