コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連れる ツレル

デジタル大辞泉の解説

つ・れる【連れる】

[動ラ下一][文]つ・る[ラ下二]
一緒について来させる。ともなう。同行する。「犬を―・れて散歩に出かける」
一方状況が変化するとともに他方の状況も変化する。「年をとるに―・れ忘れっぽくなる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つれる【連れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 つ・る
(他動詞)
同行者として従える。伴う。 「犬を-・れて散歩する」
(自動詞)
ある物事の変化にともなって、うつりうごく。 「歌は世に-・れ、世は歌に-・れ」 → つれて
列を作る。連なる。 「雁-・れて渡る/源氏 須磨
いっしょに行く。同行する。連れ立つ。 「夕暮のしめやかなるに、藤侍従と-・れてありくに/源氏 竹河

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

連れるの関連キーワード引っ提げる・提げる引き続く・引続く連ねる・列ねるトゥルカナ族神野悪五郎引きしろふ引っ提げる家の子郎等兵仗宣下引具するに連れて取り率る召し具す呼び具す挈する銜える世・代に連れ相具す率いる

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連れるの関連情報