率土・卒土(読み)そっと

精選版 日本国語大辞典「率土・卒土」の解説

そっ‐と【率土・卒土】

〘名〙 (「そつど」とも) (「詩経‐小雅・北山」の「溥天之下、莫王土、率土之浜、莫王臣」による) 地の続くかぎり。国土のはて。天子の治下全体。しゅっと。
※十七箇条憲法(604)「国司国造。勿歛百姓。国靡二君。民无両主。率土兆民。以王為主」
※玉塵抄(1563)八「遠国のいなか、そつどと云へども、ひかりはなやかなぞ」 〔鍾会‐檄蜀文〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android