遠国(読み)エンゴク

デジタル大辞泉の解説

えん‐ごく〔ヱン‐〕【遠国】

遠い国。特に、から遠く離れた国。おんごく。

おん‐ごく〔ヲン‐〕【遠国】

都から遠く離れた国。辺鄙(へんぴ)な所。えんごく。
律令制で、都から遠く離れた国々。関東・越後以北、石見(いわみ)安芸(あき)以西、四国の伊予土佐、および九州の諸国。→近国中国

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんごく【遠国】

〔古くは「えんこく」〕
都から遠く離れた所にある国。おんごく。 ⇔ 近国

おんごく【遠国】

都から遠くはなれた国。辺鄙へんぴな土地。
律令制で、近国・中国に対して、都に遠い国。延喜式では、相模・武蔵・上野・越後以北、安芸・石見以西および伊予・土佐と九州の諸国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐ごく ヱン‥【遠国】

〘名〙 遠く離れたところにある国。また、都から遠い地方。おんごく。⇔近国
※源平盛衰記(14C前)一八「勅勘を蒙(かうふ)り遠国(エンコク)へも下るぞかし」 〔周礼‐梓人〕

おん‐ごく ヲン‥【遠国】

〘名〙 (「おんこく」とも)
① 律令制の行政区画である国を、都からの距離によって、近・中・遠の三等に分けた一つ。延喜式によると、遠国には、関東以北、越後以北、安芸石見以南および土佐国が含まれた。
※令集解(738)賦役「依民部省式。近国十七〈略〉中国十四〈略〉遠国十六」
② 遠くはなれた国。都から遠くはなれた辺鄙(へんぴ)な土地。えんごく。⇔近国
※源平盛衰記(14C前)四六「さては遠国(ヲンコク)へ趣き給はんこそ悲けれ」
③ (「追い来(こ)くら」からか) 七月中、大阪で明治中期頃まで行なわれたという女の子の遊び。また、そのときうたう盆歌。幼児を先頭に、めいめい前の子の帯をつかんで一列になり、うたいながら練り歩くもの。歌が「おんごくなはは」というはやしことばではじまるところから名づけられた。《季・秋》
雑俳・後の栞(1816)「放れ放れにおんごくの行溜水」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android