遠国(読み)エンゴク

デジタル大辞泉の解説

えん‐ごく〔ヱン‐〕【遠国】

遠い国。特に、から遠く離れた国。おんごく。

おん‐ごく〔ヲン‐〕【遠国】

都から遠く離れた国。辺鄙(へんぴ)な所。えんごく。
律令制で、都から遠く離れた国々。関東・越後以北、石見(いわみ)安芸(あき)以西、四国の伊予土佐、および九州の諸国。→近国中国

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんごく【遠国】

〔古くは「えんこく」〕
都から遠く離れた所にある国。おんごく。 ⇔ 近国

おんごく【遠国】

都から遠くはなれた国。辺鄙へんぴな土地。
律令制で、近国・中国に対して、都に遠い国。延喜式では、相模・武蔵・上野・越後以北、安芸・石見以西および伊予・土佐と九州の諸国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠国の関連情報