コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠国 エンゴク

デジタル大辞泉の解説

えん‐ごく〔ヱン‐〕【遠国】

遠い国。特に、から遠く離れた国。おんごく。

おん‐ごく〔ヲン‐〕【遠国】

都から遠く離れた国。辺鄙(へんぴ)な所。えんごく。
律令制で、都から遠く離れた国々。関東・越後以北、石見(いわみ)安芸(あき)以西、四国の伊予土佐、および九州の諸国。→近国中国

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんごく【遠国】

〔古くは「えんこく」〕
都から遠く離れた所にある国。おんごく。 ⇔ 近国

おんごく【遠国】

都から遠くはなれた国。辺鄙へんぴな土地。
律令制で、近国・中国に対して、都に遠い国。延喜式では、相模・武蔵・上野・越後以北、安芸・石見以西および伊予・土佐と九州の諸国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遠国の関連キーワード燕頷虎頸・燕頷虎頚駿府町奉行京都町奉行蝦夷奉行外国奉行伏見奉行奈良奉行下田奉行遠国役人御貸付金箱館奉行長崎奉行山田奉行浦賀奉行燕頷虎頸松前奉行遠国奉行新潟奉行佐渡奉行非人手下

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠国の関連情報