コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉【えん】梵芳 ぎょくえんぼんぽう

百科事典マイペディアの解説

玉【えん】梵芳【ぎょくえんぼんぽう】

室町初期の禅僧春屋妙葩(しゅんおくみょうは)の法嗣(はっす)で,1413年足利義持推挙南禅寺81世となった。晩年は南禅寺竜華院内に隠棲。詩,書,画に万能で,詩画軸の賛が多い。雪窓普明(せっそうふみん)など宋元の画蘭を学び,墨蘭(ぽくらん)の名手として知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

玉【えん】梵芳の関連キーワード梵芳

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android