コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉海 ギョクカイ

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょくかい【玉海 Yù hǎi】

中国,宋末・元初の学者王応麟の著。200巻。玉は美称,海は無限に広いという意味で,梁の武帝の《金海》にならったもの。古代より宋に至る諸書より,さまざまな事項を分類記載した類書(一種の百科事典)で,宋代の文物制度に関する記事は,最も史料的価値が高く,宋の実録を始めとし,現在亡失している書物を多く引用している。内容は,天文・律暦・地理・帝学・聖文芸文詔令礼儀・車服・器用・郊祀・音楽・学校・選挙・官制兵制朝貢宮室・食貨・兵捷・祥瑞の21門より成り,もと官吏登用試験の参考書として編集されたものであるが,《冊府元亀》と共に,宋代研究に欠かせぬ基本史料である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょくかい【玉海】

中国、宋代の類書。二〇〇巻。王応麟らの撰。各種文献からの抄録を天文・地理・芸文・礼儀などの二一部門に分類してある。
「玉葉ぎよくよう」の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の玉海の言及

【玉葉】より

…《玉葉》という名称は兼実の父忠通の日記が《玉林》と称せられたことによるといわれる。なお,本日記は二条家では《玉海》と称せられていた。【新田 英治】。…

※「玉海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

玉海の関連キーワード天が紅・尼が紅11月30日俳句(文学)大光院尊為高瀬梅盛児玉順蔵大田晴斎犬井貞恕木の葉猿池田正式九条兼実困学紀聞中川喜雲藤本貞清箕作省吾上田公鼎安原貞室青地可頼芋名月力道山

玉海の関連情報