コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冊府元亀 さっぷげんきCe-fu yuan-gui; Ts`ê-fu yüan-kuei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冊府元亀
さっぷげんき
Ce-fu yuan-gui; Ts`ê-fu yüan-kuei

中国,宋の王欽若らの奉勅撰の類書。 1000巻。大中祥符6 (1013) 年に完成。部門別に古代から五代までの史料を列挙している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さっぷげんき【冊府元亀】

中国の類書。1000巻。目録10巻。の王欽若(おうきんじゃく)・楊億(ようおく)らが真宗の勅を奉じて撰。1013年成立。古代から五代までの歴代君臣事跡を31部1115門に分類、記述したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さっぷげんき【冊府元亀 Cè fǔ yuán guī】

中国の書名。宋代の四大編纂書の一つ。1000巻,目録10巻。王欽若,楊億らの奉勅撰。1005年(景徳2)から13年(大中祥符6)にかけて完成された。当時見られた数多くの書物を調査し,歴代の皇帝や官僚たちの政治に関係する事跡を選び出して,部門や項目に従って分類配列した。全体で31部1115門に分けられ,各部門は時代の古いものから採録されており,太古の時代から五代の末までの記事を含んでいる。とくに唐と五代に関係する記事は,きわめて重要な研究資料で,この書でしか見られない資料も数多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さっぷげんき【冊府元亀】

中国の類書。北宋の王欽若おうきんじやく・楊億ようおくらが真宗の勅命を受けて撰。一〇〇〇巻、目録一〇巻。1013年完成。古代から五代までの君臣の事蹟を三一部一一一五門に分類して列挙する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冊府元亀
さっぷげんき

中国の書名。王欽若(おうきんじゃく)、楊億(ようおく)らが北宋(ほくそう)の真宗の勅を奉じて1005年編集に着手、13年に完成した。1000巻。皇帝の政治に資すために、古代から五代までの歴代の君臣の政治に関する事績を、帝王部から外臣部まで31部1115門に分類して列記。当時現存した各種の書冊のなかから政治の要項を広く集めて編集、『冊府元亀』と名づけられた。このような形式を類書とよび、『文苑英華(ぶんえんえいか)』『太平御覧(たいへいぎょらん)』などとともに、北宋期につくられた代表的類書である。とくに唐・五代に関する部分は、亡失して現在伝わっていない史料を含み、史料的価値が大きい。[柳田節子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の冊府元亀の言及

【自然誌】より

… 中国では3世紀に魏の文帝の命で繆襲(びゆうしゆう)らが《皇覧》(120巻,《隋書》経籍志による)を編纂したのをはじめとして,いわゆる〈類書〉が編纂されるようになった。著名なものとしては宋の李昉(りぼう)らが勅命で編纂した《太平御覧(たいへいぎよらん)》や王欽若(おうきんじやく)が編集した《冊府元亀(さつぷげんき)》,明の王圻(おうき)が親子2代で撰した《三才図会(さんさいずえ)》がある。いずれも天文・地理から始めて草本に終わる分類百科全書であって,日本でも江戸時代に寺島良安によって《和漢三才図会》(1712)ができている。…

※「冊府元亀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

冊府元亀の関連キーワード文苑英華百科事典勅命北宋玉海

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android