王之渙(読み)おうしかん(英語表記)Wang Zhi-huan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王之渙
おうしかん
Wang Zhi-huan

[生]垂拱4(688)?
[没]天宝1(742)?
中国,盛唐の詩人。絳郡 (山西省) の人。字,季陵。若い頃都で酒や剣の遊侠の生活をおくったが,のち学問を志し,詩名はあがったが科挙には合格できず,地方の小官として一生を終えた。王昌齢や高適らと肩を並べ辺塞詩に佳作が多い。その『涼州詞』『登鸛鵲 (かんじゃく) 楼』は唐詩中の絶唱とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おう‐しかん〔ワウシクワン〕【王之渙】

[688~742]中国、盛唐の詩人。字(あざな)は季陵。辺塞(へんさい)詩に優れた。絶句の 「鸛鵲(かんじゃく)楼に登る」や「涼州詞」は有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうしかん【王之渙】

中国、盛唐の詩人。辺塞へんさいを詠じた佳作が多く、辺塞詩人といわれる。絶句を得意とし、「唐詩選」中の「鸛雀楼かんじやくろうに登る」の詩は有名。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王之渙
おうしかん
(688―742)

中国、盛唐の詩人。字(あざな)は季陵(きりょう)。并州(へいしゅう)(山西省太原(たいげん)市を中心とする一帯の地)の人とも、絳(こう)郡(山西省絳県)の人ともいわれる。地方官になったが、まもなく官を辞し、長い間在野の詩人として自由な生活を送った。晩年は河北省文安県の県尉として没したらしい。残る詩は少なく、『全唐詩』にわずか6首を残すのみであるが、王翰(おうかん)と並んで、当時の流行歌の歌詞作者として知られていた。彼が一首詩をつくると、楽工たちが争ってそれに曲をつけたという。
 「黄河遠く上(のぼ)る白雲の間」で始まる「涼州詞」(七言絶句)や、「白日山に依(よ)りて尽き」で始まる「鸛雀楼(かんじゃくろう)に登る」(五言絶句)の詩はとくに有名。「涼州詞」などは、当時の代表的な流行歌であった。[鈴木修次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐しかん ワウシクヮン【王之渙】

中国、盛唐の詩人。山西の人。青年時代任侠を好み飲酒にふけったが、中年以後文学に励み名声をあげた。代表作「涼州詞」。(六八八‐七四二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android