コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辺塞詩 ヘンサイシ

世界大百科事典 第2版の解説

へんさいし【辺塞詩 biān sài shī】

中国古典詩の一ジャンル。辺塞は国境の要塞,ことに長城をさし,長城をシンボルとする,北部・西部遊牧民族との国境地帯に題材を取った一群の詩。対遊牧民族戦争と,遠征にかりだされた兵士の悲哀が中心で,故郷に残した妻への兵士の想いを通じて,閨怨(けいえん)詩に結びつく。国境を旅する作者の緊張した内面を写すものもある。楽府(がふ)の形式を取ることが多い。古来,西北国境に重圧を加えた遊牧民族との闘争は,中国の歴史的課題であり,それに文学的表現を与えたのが辺塞詩である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

へんさいし【辺塞詩】

中国、西北方の国境地帯の守備を題材とする漢詩。特に六朝末から唐代に盛行した。辺境詩。塞外詩。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

辺塞詩の関連キーワード高適(こうせき)辺境詩人王之渙守備李き崔顥岑参涼州漢詩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android