コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王子製紙[株] おうじせいし

百科事典マイペディアの解説

王子製紙[株]【おうじせいし】

1873年抄紙会社の名で渋沢栄一によって設立された製紙会社。業界最大手。1893年王子製紙と改称,1911年以降藤原銀次郎の経営で発展,1933年富士製紙,樺太工業を合併,全国洋紙生産の80%を独占,木材,石炭など関連30数社を支配するコンツェルンを形成した。
→関連項目日本紙パルプ商事[株]藤山雷太

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうじせいし【王子製紙[株]】

日本最大の製紙会社。1873年渋沢栄一が三井組,小野組,島田組を勧誘して共同経営の製紙会社を設立したことに始まる。最初は社名を〈抄紙会社〉と称し,資本金15万円。機械類を輸入し,またイギリス人技師を雇い入れた後,75年東京府下王子村の工場が運転を開始した。翌76年社名を〈製紙会社〉に変更。しばらく経営不振が続いたが,西南戦争を契機とする新聞・雑誌の発展によって洋紙市場が形成されるにおよび,経営基盤が確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の王子製紙[株]の言及

【王子製紙争議】より

王子製紙における1958年の労働争議。王子製紙労組は総評傘下の紙パルプ労連の中核的組合であったが,その賃金引上げ要求に対して,58年2月,会社は稼働率向上のための連続12日操業を提案した。…

【紙・パルプ工業】より

…紙のなかでは印刷・情報用紙(紙類全体の60.8%),新聞巻取紙(同17.7%)が多く,板紙では段ボール原紙(同73.9%)が大半である(1996)。
[日本における沿革]
 日本における洋紙生産は,旧広島藩主浅野長勲が中心となって東京日本橋に1872年(明治5)設立した有恒社(1924年王子製紙に併合)が1874年6月に製造したのが最初である。75年には,後藤象二郎らの経営する蓬萊社(後藤が製糖の目的で1872年設立)が大阪で製紙工場を開業し,東京では林徳左衛門がアメリカ人ドイルとの共同出資で設立した三田製紙所が開業した。…

※「王子製紙[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王子製紙[株]の関連キーワードサッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)大不況鉄筋コンクリート構造月曜物語地租改正レーピンローンセシーユバン=リード

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android